小説家ってどこから?について


小説家ってどこから?
色々な意見があるけど
私の私見として述べておく

答えから述べると
商業出版してからが小説家と皆に話しても恥ずかしくない
やはり出版社の編集者とタッグになって仕上げた
売るための小説を刊行しなければ、小説家とは誰にも言えないと思う

ましてや事業開始届に文筆家と書けるかどうかで
引っかかってくる問題でもある

例外として
キンドル作家で毎回何万部数販売出来てるなら
それも小説家と皆に話しても恥ずかしくない
でも個人出版は全然売れるものではなくて
確定申告の必要もなく
よって事業開始届なぞとは無縁なものだから
文筆家と書くか書かないか以前に
れっきとしたワナビーなのである

共同出版や自費出版は商業出版とは違い
売るための刊行ではなく
ブランドを構築するための物だから儲からない
だからこちらも確定申告の必要性がなく
文筆家と書くか書かないか以前にワナビーであり
ブランド構築とはいえ
それ以前に名前が知られてないとあまり効果を期待出来ない

やはり文筆家、小説家と皆に話せるのは
商業出版かキンドル作家で大成してからになる

コメント

人気の投稿