小説を書く難しさ


小説を書く難しさというのは
10年以上やってると無くなるんだけど
過去を振り返ってみて
そうだったなと

気合を入れて書かないと脱稿できない
そんな時期もあった

血眼になって書いてたなと思う

小説と言うものは生き物だから
情熱によりけり作風も変わってくるけれど
最終的には原点回帰するもの
私がそうだった

只、芥川さんが言う通り
己を曝け出さなければ良い作品は書けないし
次のステップへたどり着けない
つまりは文壇入り出来ないということ

ワナビーへ言えることは
己を曝け出す作品も沢山書けという話
その先で見えてくるものがある
それが文壇入りだと思う


コメント

人気の投稿